≪Information≫2021年(令和3年)5月2日・3日に予定しておりました青梅大祭は中止となりました


青 梅 大 祭 公 式 ホ ー ム ペ ー ジ

 歴史   大祭  山車  交通  組織  案内
 

 

令和3年青梅大祭についてのお知らせ

令和3年2月21日発表

 令和3年5月2日・3日に予定しておりました青梅大祭は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大防止に伴い中止とさせて頂きます。

 令和3年2月11日に開催されました参加12町による自治会長会議において参加者の意見を聞き、同年2月21日に青梅大祭実行委員会幹部による緊急会議を開催し、観覧者及び参加者、関係者の感染リスクが健康に被害を及ぼす可能性が排除出来ない、安全が確保出来る状態ではない状況での祭り開催は不可能であるとの理由から、令和3年青梅大祭を中止するとの判断に至りました。

 毎年約20万人の観光客が訪れ、東京都の西部に位置する青梅市の一大イベントである青梅大祭は、数百年の歴史があり地域住民により伝統が継承されて来ました。

 昨年の青梅大祭が中止となり、今年こそは開催を目指し、東京オリンピックに併せ東京の伝統文化を世界に発信する特別なイベントも企画しておりましたが、昨年末より感染者数が徐々に増え始め、年明けには5月に向けて準備作業に本腰を入れるタイミングでの緊急事態宣言の発出に伴い、準備作業が行う事が出来なくなりました。それでも中止を回避するべく開催月を5月から秋に延期し、何とか2年連続の中止だけは回避したい一心で調整をしておりましたが、それも叶わず令和3年は中止となりました。

 日本各地での伝統的なお祭りの中止が相次ぎ、それを支える人達の熱意にも変化が見られ、特にこの先を担う若い人達の祭り離れ、地域離れは深刻な問題となり、伝統を継承する事が難しくなるのではないかと、危惧する声も聞かれます。青梅大祭においても例外ではなく、昨今自治会員の高齢化や減少に伴い、お祭りを行う人員不足や資金不足が問題となっている所に、新型コロナウィルス感染症のせいで伝統が途切れたとならないためにも、この2年連続の中止が今後お祭りを継承していく上で、良き方向に転換出来るような運営体制や若い人達の育成の切っ掛けとなるように今後努力して行きたいと考えております。

 毎年、本大祭を楽しみにして頂いている皆様、大祭運営にご協力頂いている企業、個人の皆様、現時点までに準備等でご協力頂いておりました各機関及び大祭関係者の皆様には、ご理解いただきますようお願い申し上げます。現在の状況が終息し皆様の安全が確保出来る状態になりましたら、再び青梅大祭を開催いたしますので、その折にはよろしくお願いいたします。

青梅大祭実行委員会 

 
 
   山車人形スタンプラリー開催      青梅大祭協賛広告募集
Copyright @ 2021   青梅大祭実行委員会. All rights reserved